冬のはじめに遅咲きの花を

f:id:MedakaTUKASA:20181204120206j:plain

 

先日、立川の国営昭和記念公園で花火大会がありました。

例年はなぜか大手隅田川花火大会と同日に開催する強気な開催日程で知られる(?)昭和記念公園の花火大会ですが、今年は大型台風の接近を受けて早期の中止決定がなされました。きっと以前ゲリラ豪雨時の中断終了という苦い思い出が頭をよぎったのでしょう…。

因みに同日開催であった隅田川花火大会はギリギリまで判断を粘り、結果的には過ぎ去った台風の後に無事開催することができたのでした。

そりゃスポンサーとか放送枠とかいろいろあるもんね

 

と、まぁ一度は中止となった昭和記念公園花火大会ですが、第60回開催という節目であること、ふるさと納税の返礼品に観覧席を出してしまったこと、使わなかった花火も1年眠らせると湿気って使えなくなってしまうという総火演的な理由でなのかどうかはわかりませんが、急遽冬季開催という運びになったのです。

 

 

今回は遠巻きに見ました。寒いし、人多いし。

f:id:MedakaTUKASA:20181204121515j:plain

市内からはだいたい見える花火

 

同じことを考える人は多いです、適度に視界が抜ける場所には人が集まっていました。

 

IMG_5994.jpg

澄んだ空気と適度な風で綺麗な花火が打ち上がります。

 

IMG_6026.jpg

IMG_6020.jpg

 

来年は無事夏に開催できるといいですね。

 

 

IMG_6030.jpg

 

 

 

 

 尾道


IMG_4492.jpg

 

秋に広島を旅してきました。

 

 

IMG_4543.jpg

 

f:id:MedakaTUKASA:20181111233338j:plain

猫の楽園、猫の細道



 

f:id:MedakaTUKASA:20181111231922j:plain

IMG_4492.jpg

 

f:id:MedakaTUKASA:20181028180709j:plain
f:id:MedakaTUKASA:20181203235349j:plain

 

ここの人たちはこの風景が当たり前なんだと思うと…

羨ましくてたまらないですね(語彙力)

 

 

IMG_4811.jpg

 

 

 

 

 

 

IMG_4731.jpg

住宅街を抜けると現れるタンカーと、並び立つクレーン。この絵面だけでニヤついてしまいますね…。多分この時完全に不審者でした。

 

 

IMG_4818.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4894.jpg

 

 

 

 

写真のアスペクト比

 

お久しぶりです。

夏場は溶けて更新しなくなるこちらのブログ、ようやく涼しくなりエネルギーが湧いてきた今日このごろです。

 

さて、こちらのサイトは主に写真をあげて行こうと思い開設した場所ですので写真を撮らないことには始まりません。多くの方は写真はだいたい使う写真機で一番いい解像度で撮れるよう設定をしてるかもしれませんが、アスペクト比について気にしたことありますか?

アスペクト比、比率、画角…呼び名は数あれどあんまり気にしたこと無いですよね。

 

ある?ないのは私だけですかね、いやまぁそれでもいいのですが。

 

現像するときに、ブログにあげるのか誰かにデータを送るのか、はたまた紙媒体に印刷するのかで皆さんは写真機のアスペクト比いくつにしてますか?

3:2?4:3?16:9?あるいはもっと別にしている方もいるかも知れませんね。

 

今回私が持っているカメラを見渡してみると、一眼が3:2、コンデジが4:3、スマホの標準アプリが16:9とバラバラでした。ちゃんと設定しとけよって感じですね。

 

ちなみに私は現像段階で大体3:2にします。紙媒体だと2L判にすることが多いので5:7で現像しますね。未だに紙媒体のアスペクト比がどれがどれなのかよく分かりません。

一覧表とか調べれば出てくるのかもしれませんが。

f:id:MedakaTUKASA:20181020125551j:plain
f:id:MedakaTUKASA:20181020125553j:plain
3:2(左) と 4:3(右) の比率違い参考

 

そして今回この記事を書く上で観覧させて戴いているブロガーさんの投稿写真を拝見すると、私の閲覧傾向の影響もありますが3:2の方が多くいました。

内容としては、風景やポートレートなどには3:2を、レビューや旅行”記”などを多く書いてる方が4:3を採用している場合が多いようでした。4:3の方がその場の状況説明には向いているのかもしれませんね。



 

 

 

 

紫陽花に寄る

最近カメラを触れていなかったのですが、

↑こちらの記事に触発されて、先日高幡不動尊へ行ってきました。

 

f:id:MedakaTUKASA:20180621123430j:plain

少しオードリーの春日に似ている気がする…

広いですね、高幡不動尊

 

f:id:MedakaTUKASA:20180621123422j:plain

 

自分の好きな額紫陽花がたくさん咲いてました。

f:id:MedakaTUKASA:20180621123240j:plain
f:id:MedakaTUKASA:20180621123342j:plain

IMG_4018.jpg

f:id:MedakaTUKASA:20180621123346j:plain
f:id:MedakaTUKASA:20180621123253j:plain

 

ちゃんとしたマクロレンズが欲しくなりますね?

 

IMG_4066.jpg

 

 

 

来年もまた来ようと強く思う日でした。

 

 

www.takahatafudoson.or.jp

 

南の果てで北極星を想う

IMG_3200.jpg

 

 

 

題目の解説をしますと、よりもいの熱に侵されたヒトが極地研で越冬隊長の話を聞き、退役したSHIRASEを見て、サッポロビールを飲んでご満悦で帰る話です。

 

 

 

 

 先日土曜日、こないだ帰国したばかりの第58次越冬隊の岡田隊長による帰国報告会があると知り行ってきました。

f:id:MedakaTUKASA:20180425191222j:plain

国立極地研究所。その名の通り極地(南極・北極域)に関する研究を行う機関です。

立川にあることは知りつつもなんだかんだで機会がなかったのですが、ナマの声が聞けるとなればこれは行かない訳にはいかないでしょう。

 

f:id:MedakaTUKASA:20180425191302j:plain
f:id:MedakaTUKASA:20180425191306j:plain

因みに科学館は機材などの実物展示や動植物の展示もあり入場無料です。

小学生くらいのお子さん連れにはいい体験になると思います。

 

f:id:MedakaTUKASA:20180425191852j:plain

報告会の内容については秘匿します…ただ、氷結湖転倒映像はこういう機会しかお目にかかれない事でしょう…。

 

国立極地研究所 南極・北極科学館│イベント情報

 

 

 

 

 

f:id:MedakaTUKASA:20180425203811j:plain

 そして日曜日、船橋にある1代目SHIRASEの公開にも顔を出してきました。

 

2008年に退役したしらせ、一度廃棄される予定でしたが気象会社のウェザーニューズが買い取り、イベントスペースや気象環境問題の啓発・広報活動、気象観測施設として利用され、この日はその広報活動「チャレンジングSHIRASE」のイベント日でした。

(簡単に書いてますが、こんな大型艦を維持するだけでも大金かかるんですがね。)

 

今回”よりもい”コラボイベントということもあり客層も広く大変賑わっていました。

企業広報系のイベントは勿論、コラボイベント盛りだくさんだったのですが、自分としては艦自体の方に興奮してしまいあんまりイベントを見ていませんでした、、、スンマセン

 

公式活動リポートはこちらから。

f:id:MedakaTUKASA:20180425204444j:plain
f:id:MedakaTUKASA:20180425204452j:plain
めちゃデカクレーンに 「WELCOME」の国際信号旗
f:id:MedakaTUKASA:20180425204459j:plain
f:id:MedakaTUKASA:20180425204448j:plain
生活感の残る居住区画   元海自艦らしいラッパ

 

そういえば、こんなのもありましたね。7番がどうにもならなさすぎて怖いです…。

f:id:MedakaTUKASA:20180425204826j:plain

 

SHIRASEサポータークラブ会員限定の船内見学では機関部上層の「第一機会室」内を解説付きで巡りました。

IMG_3340.jpg

IMG_3305.jpg

IMG_3300.jpg

毎回内容が変わるそうなので、次回開催も是非来たいですね。

 

 

 

 

 




そして。

 

おまちかねの、、、

f:id:MedakaTUKASA:20180425220020j:plain

ビールです。

 

SHIRASE5002の隣にはサッポロビールの千葉工場があり、SHIRASEのイベント時には往来が可能になるほか通常時でもサッポロビールとSHIRASEの見学セットも参加できます。

 

 今回は通常のビール工場ツアーに参加しましたがこのツアー、現在見学コースが6/19まで改装中ということで座学のみになります。それでも、サッポロビールの成り立ちからビールがなんで美味しいのか、何をするから美味いのかと期待を上げていくには充分な内容になっています。

 

そして、

IMG_3409.jpg

飲みます。

 

f:id:MedakaTUKASA:20180425220539j:plain

飲みます。

ちゃんと注がれたビールはグラスのフチのレースのような泡が消えず、飲み進めるごとにキメの細かい泡のリングが出来るそうなんです。

 

なんて話を聞きいたり、

f:id:MedakaTUKASA:20180425221142j:plain

美味しく飲める注ぎ方をレクチャーしてもらえます。

あ、サッポロビールの星が北極星って知ってました?北海道開拓時代の創業だからだそうです。

…なんて話も聞きながら、

f:id:MedakaTUKASA:20180425221243j:plain

飲めます。

因みにこのツアー、参加料500円ぽっちで3杯飲めますので、参加するしかないです。

(おみやもつくよ)

 

 

 

 

 

 

かなり逸脱しました…。

アニメ影響からの参加でしたが、こういう社会科見学系のものは知的好奇心をくすぐるものがありとても満足感のある週末でした。

みなさんも是非行ってみてはいかがでしょうか。(ダイレクトマーケティング)

 

 

 

yorimoi.com

国立極地研究所 南極・北極科学館

SHIRASE

千葉工場 | 工場見学とミュージアム | サッポロビール

 

桜の撮り納め、残堀さんぽ

 

 

今年は穏やかな陽気が続いてくれたおかげで今週末も桜を楽しめました。

おかげで動き出しが遅い私もたくさん春を味わった気がします。

 

f:id:MedakaTUKASA:20180401220852j:plain

昭和記念公園玉川上水口に続く残堀川沿いは地元民には有名の花見スポットで、桜を仰ぎ見ながら昭和記念公園へ向かいピクニックをするというのは春の王道コースだったりします。残堀川沿いなのに玉川上水口とはこれいかに。

 

f:id:MedakaTUKASA:20180401221215j:plain

4月から大人料金の値上がりした昭和記念公園ですが川沿いなら関係ありませんから、多くの人が足を止め写真を撮っていきます。

因みに大人料金は値上がりしましたが、子供料金(中学生以下)は逆に無料になりましたし、新しく「2日続き券」という50円しか変わらないのに連続2日入園できる爆安券も出来ましたし、家族連れにはありがたい価格設定になりましたね(ダイマ)

 

 

f:id:MedakaTUKASA:20180401222026j:plain

きいろいでんしゃ

 

IMG_2961.jpg

花吹雪

 

 

f:id:MedakaTUKASA:20180401222242j:plain

大雨以外ほとんど水量のない残堀川ですが、水面を覗けば絨毯ができていました。

 

 

 

 

 

www.showakinen-koen.jp

4月から入園料が変わります | 国営昭和記念公園公式ホームページ

 

 

桜を求めて霞まで。

 

週末はいい天気になりましたね。

勤務あがりにふらりと桜探訪に行きました。

 

 

f:id:MedakaTUKASA:20180325225848j:plain

なだれ坂。整備されてきれいな道に可愛らしい色の桜が咲いていました。

 

 

f:id:MedakaTUKASA:20180325230554j:plain

泉ガーデンからアメ大の方へ。

 

 

ここのルートはまるで観光名所のような人の数でした。

f:id:MedakaTUKASA:20180325230303j:plain

 

IMG_2704.jpg秒速5センチメートルかよ、と思ってしまう構図。

 

 

IMG_2745.jpg

そういえば、自転車会館はキレイな高層ビルに生まれ変わりましたね。

 

 

霞ヶ関へ。

 

f:id:MedakaTUKASA:20180325231418j:plain

内閣府庁舎前の坂道

見頃ですが、場所のせいかあまり有名ではない(?)桜並木です。

 

f:id:MedakaTUKASA:20180325231406j:plain一言断って撮りましょうね。

 

 

IMG_2807.jpg

 

 

 

 

 

IMG_2797.jpg

春ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

来週まで保ってくれ。